ホーム お問い合せ
ホーム > 丸亀軟式野球連盟 申し合わせ事項
申し合わせ事項
 
1.試合を決行するかどうかは、午前8時前後に決定するので、第1試合のチームは、グラウンドに集合してください。第2試合以降のチームは、午前9時以降に連盟事務局マルビシスポーツ(tel22-2367)まで問い合わせてください。 

2.正式試合回数を過ぎていなくても終了する場合があります。(最終回予告をする)

3.試合終了後のグランド整備は、試合の当事者チーム双方が共同で行うと共に使用したベンチの清掃をした上で退去することとする。

4.グラウンドに入る時は着帽し、正規のユニフォームで入るよう監督・コーチ・主将は選手に指導してください。
(例外:投手のアップ着は認めます)

5.アンダーシャツの色やストッキングの色違い又は、履いていない選手がいる場合や、野手を含む投手用グラブの色は白色、灰色以外の色のグラブを使用するよう監督・コーチ・主将は指導してください。又締め紐の垂らしは親指の長さ以内です。

6.7回を終わって同点、または制限時間を過ぎて同点の場合は、前回終了時の次打者から無死満塁で判定戦を行います。なお、同点の場合は、最終出場選手の打順によりジャンケンで勝敗を決定します。また、優勝戦にて9回終了時で同点の場合、前項の規定を適用します。

7.試合時間の短縮を図るため、ボール廻しは、初回だけとします。12秒ルールは意識しながらも、厳しくとらない。(目に余る遅延行為があれば、当該審判から注意する)

8.試合中の打球によるグラウンド外の人や車に怪我や損傷が発生したときは、軟式野球連盟が加入している保険で対応できるので、事務局へ気安く申し出て下さい。

9.試合などでの傷害については、連盟では責任を負わないので、各チームと個人で傷害保険に加入しましょう。


10.ベースコーチャー(1・3塁)は、ヘルメットを着用すること。

11、捕手の安全強化の為、ゲーム中は「ファウルカップ」(きんカバー)の装着を励行して下さい。

12、参加料は当該大会前に納付すること。未納付状態での参加申込時は受理できません。但し、止むを得ないと認めた時はこの限りではない。

13、攻守の決定は組合せ番号の若いチームを先攻とし、ベンチは1塁側を使用することとする。尚、ボールキーパーも3回表のイニングが終了するまでを1塁側ベンチを使用するチームが行い、3回裏のイニングより3塁側ベンチを使用するチームと交替して行うこととする。但し、天候状況等特別な事態の場合は審判も応分の協力を行う。

14、大会運営上、ダブルヘッダーも行う場合があるのでご協力ください。

15、この申し合わせは、平成27年4月1日より施行する。
   この申し合わせは、平成28年3月1日より施行する。



ホーム お問い合せ
Copyright(C) 2009 Marugame nanshikiyakyu renmei All Rights Reserved.